あらゆるイベントの企画・デザイン、設計、施工、製造、レンタルまでトータルコーディネートできる「総合力」と「実績」がアンカーの魅力です。
アンカーは、株式会社ヤマチコーポレーション イベント事業部門のブランド総称です。

イベント・企画ならヤマチコーポレーション イベント事業部 anker

  • ankerとは
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問合せ
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ
  • HOME

SHIBATANDYISM BLOG

2017.11.08人生の「質」を上げる 孤独をたのしむ力


●人生で本当に大切なことは「ひとり」で見つける

そこで、本書では「孤独」をたのしむためにやめるべきことをピックアップ。やめられない人と、やめられた人では、人生がどう変わるかを紹介します。

たとえば……
★「誰かと一緒にいる」を……
やめられない人→いつまでも自分探しをする
やめられた人 →自分と対話し、ありのままの自分に気づく

★「いつもSNS」を……
やめられない人→不安や悩みを言葉にできず、問題を解決できない
やめられた人 →読書をして自分の考えを言葉にする語彙が身につく

★「相談して決断」を……
やめられない人→途中で他人のせいにする、迷いが生じる
やめられた人 →自分の決断に自信を持ち、邁進できる

「孤独」をたのしめば、周囲に振り回されることなく、「自分が本当に大切にしたいもの」に気づき、正直に生きることができます。

2017.11.07ROGUE SR-3


通っているジムにカッコいいジャンプロープ(縄跳び)が

入荷したので購入しました。

すごいスピードで飛ぶことができます、2重跳びも飛びやすい。

2017.11.06Purple Tour Live


今から2年前となる2015年、デイヴィッド・カヴァデールが70年代に在籍していたディープ・パープルの楽曲を現在のホワイトスネイクのラインナップによって蘇らせたアルバム『ザ・パープル・アルバム』が発表された。この作品の発売とそれに伴うツアーで、ホワイトスネイクは、今やクラシックとも言える「紫の炎(原題: Burn)」や「ミストゥリーテッド(原題: Mistreated)」といったディープ・パープルのヒット曲の現代的な新解釈をファンに提示することとなった。そして2017年の秋、その彼らの歴史的なツアーの模様を収録した最新ライヴ・アルバムがいよいよリリースされることになった!

『THE PURPLE TOUR (LIVE)』と名付けられたこのアルバムは、13曲のライヴ音源を収録したCDと、同内容のライヴ映像やボーナス・コンテンツを収録した映像ディスク(Blu-RayとDVD)を付けた、CD+Blu-Ray2枚組、CD+DVD2枚組、そして1CDと2枚組アナログ盤も加えた計4形態での発売となる。

『THE PURPLE TOUR (LIVE)』でホワイトスネイクは、デイヴィッド・カヴァデールがディープ・パープルとして発表したスタジオ・アルバム ──『紫の炎(原題: BURN)』(1974年)、『嵐の使者(原題: STORMBRINGER)』(1974年)、そして『カム・テイスト・ザ・バンド(原題: COME TASTE THE BAND)』(1975年)── に収録されている楽曲に新たな生命を吹き込み、現代的な解釈でクラシックな楽曲を披露してくれている。ハイライトとなるのは、「ユー・フール・フォー・ノー・ワン(原題: You Fool For No One)」、「ジプシー(原題: The Gypsy)」、そして「幸運な兵士(原題: Soldier Of Fortune)」といった楽曲だ。

今回のアルバムには、ディープ・パープルの楽曲だけではなく、ホワイトスネイクで発表した1990年のアルバム『スリップ・オブ・ザ・タング(原題: SLIP OF THE TONGUE)』にもセルフ・カヴァーという形で収録されていた「フール・フォー・ユア・ラヴィング(原題: Fool For Your Loving)」や、1984年作品『スライド・イット・イン(原題: SLIDE IT IN)』収録の「ラヴ・エイント・ノー・ストレンジャー(原題: Love Ain’t No Stranger)」、そして10月に30周年記念エディションがリリースされる1987年作品の『白蛇の紋章~サーペンス・アルバス(原題: WHITESNAKE)』から「スティル・オブ・ザ・ナイト(原題: Still Of The Night)」や「バッド・ボーイズ(原題: Bad Boys)」、「イズ・ディス・ラヴ(原題: Is This Love)」、そして#1シングル「ヒア・アイ・ゴー・アゲイン(原題: Here I Go Again)」といった、バンドを代表するキラー・トラックも数多く収録されている。

また、ボーナス・ディスクとなるBlu-Ray、そしてDVDには、CDに収録されている全13曲のライヴ映像を収録(音声はステレオと5.1chサラウンド)している他、ボーナス・コンテンツとして「紫の炎(原題: Burn)」の最新ビデオ・クリップやインタビュー映像、そしてこのディスクでしか聴けない4曲のライヴ音源も5.1chハイレゾ音源で収録されている。

2017.11.02これから、どう生きるのか 〜人生に大切な9つのこと〜


「自分にとって何が大切なのか?」を、
あなた自身があらゆる角度から見られるように考えて、
この本を書きました。あなたの現在地がどこか、
このままいくとどうなるかが、
浮き彫りになるように話を進めていきます。
(「はじめに」より)

人間関係、お金、仕事、パートナー、運命、時間…..
1つずつ「イヤなこと」を手放し、
「好きなこと」を増やしていく生き方とは?

◎あなたにお金を持ってきてくれる人、奪っていく人
◎人生では少なくとも3度、不運に見舞われる
◎先立つ後悔で自分の未来を変える
◎どうやって人生の目的を探すのか
◎「出会いに運命を感じる人」ほどうまくいかない
◎「いまを手放すこと」で幸せになれる

社会が大きな転換点を迎え、生き方に迷う人が
増えているいま、不安な時代の歩み方を示す一冊。
幸せに生きるための指針を説き、ベストセラーを重ねてきた
著者による新たな代表作!

2017.11.01MDウォークマン


11月1日は世界初のMDウォークマン「MZ-1」の発売(1992年)。MDを録音・再生できる機器として初の製品です。音楽を聴くのはカセットテープかCDが主流でしたが、よりコンパクトでCDのようなランダム再生が可能なMDは、あっという間に広がりました。後年は録音時間の長い「MDLP」、PCから音楽を転送できる「Net MD」なども登場しています。

懐かしい。。。音出しで大変重宝しました。

PAGE TOP