あらゆるイベントの企画・デザイン、設計、施工、製造、レンタルまでトータルコーディネートできる「総合力」と「実績」がアンカーの魅力です。
アンカーは、株式会社ヤマチコーポレーション イベント事業部門のブランド総称です。

イベント・企画ならヤマチコーポレーション イベント事業部 anker

  • ankerとは
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問合せ
  • 個人情報の取り扱い
  • サイトマップ
  • HOME

イベントレンタルカタログ 弊社のレンタルツールをカタログでご覧いただけます。

【 現場トピックス 】

北広島団地地区愛称・ロゴマーク制作業務

2018.2.16
アンカー札幌営業部/千葉 崇晴

こんにちは。アートディレクターの千葉です。

今回は、「北広島団地地区愛称・ロゴマーク制作業務」というお仕事をご紹介します。

北広島市にある北広島団地は、昭和52年に道営の住宅団地として開発、分譲された、戸建住宅が中心の地区です。
北広島駅の西側に広がる丘陵地区で、その立地や商業施設の隣接から、当時は非常に賑わいを見せていました。

しかし、近年の少子化や地方の住民流出などの流れは、この北広島団地にも降り注ぎ、高齢化が進んできました。

とはいえ、北欧の住宅地コンセプトを取り入れたり、土地が安かったり、安全性の高いランドスケープだったり、北広島市自体の利便性の良さなど、その魅力はまだまだこの時代にも通用するものです。

そういった魅力を外へ発信し、子育て世代にもっと住んでもらいたい、そんな願いが事業となり、今回のご発注をいただきました。

制作の過程では、「多世代交流サミット」という、住民を中心とした意見交換会を開き、様々な世代の思いや愛情を、ワークショップ形式で紐解きました。
本当に、人が魅力的な地区だと感じています。

そういったご意見や、担当職員さんの本事業に対する思いを、僕たちがどのように表現すればしっかりとコミュニケーションできるのだろうか、そんなことを行ったり来たりしながら、何度となく提案とブラッシュアップを重ね、ローンチに至りました。

愛称は「さんぽまち」。

トリムコースをはじめとする「道」だけではなく、豊かな自然、広い空など、まち全体に健やかな生活を叶える環境があることを、この愛称に込めています。

タグラインは「一緒に ゆっくり、歩いていこう。」。

子どもの成長を見守る親の気持ち、そしてさんぽまちの住民が世代を超えて手を取り合い、誰もが愛着を持って住み続けられる場所でありたい、という理念を表しています。

そしてロゴマーク。
窓の外に見える「道・自然・空」をモチーフに、まち全体に優しさや楽しみがあることを表現しています。

仕事自体はこれで完了ですが、これらの愛称やマークはここがスタートライン。
住民の皆さんにも、これから住まわれるであろう皆さんにも、末永く愛される愛称とロゴマークであることを願っています。

Category
あらゆるイベントのトータルプロデュースは、アンカーにお任せください。

PAGE TOP